【TOPIC】平成25年 第1回 医山会看護部勉強会レポート - 医療法人社団 医山会

TOPIC

ホーム  >  TOPIC  >  事務部門で力を入れて取り組んでいること

事務部門で力を入れて取り組んでいること

医山会「医療チーム」の一員として、私たちの専門である医事課・総務課などの視点から、患者様の医療支援を行っていくこと、これが医山会事務部門の最大の目標であります。

「事務部門で力を入れて取り組んでいること」と題し、“有言実行”の決意も込めつつ、医山会ホームページをご覧の皆様に向けて、定期的に、私たちの活動をご報告していきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます!

2015年1月5日
医山会 事務長 佐藤研児

「受付窓口での対応の改善に取り組んでいきます」が年頭の目標です!

2015年1月5日(文責:佐藤研児)

昨年は当院のベテラン事務職員の寿退社等が相次ぎ、メンバーの大幅な入れ替えがありました。新人が多く、至らない対応があったかと思います。しかし、実際の業務ではそのような言い訳は通用しません。

そこで、今年は原点に帰って、受付窓口での対応の改善に取り組んでいきます。窓口対応と言っても様々です。患者様を不快な思いにさせない対応、患者様の要望を事前に察知する能力、患者様の話をよく聞き的確にわかりやすく説明する能力、会計時間の短縮、職員間のコミュニケーションを密にしての情報共有等があると思います。

これらの課題を達成するためには、接遇面での教育のみならず医事課としての必要な知識を常に学習していく必要があります。一朝一夕にはできないことばかりではありますが、一歩一歩着実に身につけていけるよう取り組んでいきたいと思います。また、その進捗状況を定期的に報告していきたいと考えております。